作業事例 -ランエボリフレッシュプラン-

ランサーエボリューションのリフレッシュご依頼いただきました

ランサーエボリューション8入庫

マニアックなお客様が多いランエボオーナー。以前に「車検の手順」という記事でご紹介させていただいたオーナー様とはまた別の方で、ランエボオーナー様はみな愛に溢れております!
今回はレアなご依頼をいただいたので、ケース①として燃料タンク交換と、ケース②でクラッチ交換をご紹介します。

ケース① CT9Wランエボワゴンの燃料タンクと燃料ポンプ交換

部品が供給されているうちに徹底的にリフレッシュしたい

今回は「中古車購入時より目立っていた錆びを、今のうちにとことんリフレッシュしたい」という話から、燃料タンク交換+ついでに工賃節約になりそうな部品を換える計画でスタートします!なかなか高額になりそうな予感…

過去の履歴

リフレッシュにも当然優先順位があります。この車両はすでに一般的な消耗部品は当然のように交換済みで、

  • タービンアクチュエーター交換
  • エボ9用金属製ブローオフバルブに交換
  • ATオイルパン内のソレノイドバルブ交換
  • 各センサー、リレー交換
  • オートエアコン用モーター交換

などなどエンジン廻りを中心に普段は聞きなれない箇所もリフレッシュしてあります。そこで今回はリヤ廻りの整備です。

今回のリフレッシュ作業内容

今回のメイン交換部品は

  • 燃料タンクASSY、タンクに付随しているホース類一式
  • 燃料ポンプASSY
  • フロア下のブレーキ・ACD・燃料のパイプ
  • “ついで作業”で交換おすすめな部品一式

となります。今回は燃料タンクのサビが気になるとの事で本体交換ついでに燃料ポンプASSYの交換・フロア下のパイプを交換します!ここを交換する人はなかなか少ないと思いますが、一度換えればもう生涯換えなくてもよい予定です。

燃料タンク含め一部の部品は欠品中の為、他の作業を進めながらできたてホヤホヤが届くのを待ちましょう!

作業スタート

燃料パイプ、ACDパイプ、リヤブレーキパイプ交換

燃料タンク降ろしてパイプ交換

燃料タンクを降ろして、メイン作業である燃料×3、ACD×1、ブレーキ×2のパイプを交換します。
このパイプは廃盤になりやすそうな予感…

細かい部品も全て交換!

取付に使っているナットなど、お客様のご意向で目立ってサビてる部品は全て新品にします。
いろんな物が外れているうちにフロアの隅々まで防錆コートを塗布しました。

触媒の取付ナットなど、細かい部品も交換します
リヤデフ降ろして追加作業

リヤデフも降りちゃいました

ここでお客様がご来店されたので実車をご確認いただき、少し割れているアンダーカバーも追加で交換(^_^;)
リヤデフも降りる手前だったので、ドライブシャフトブーツとオイルシールの交換、またリヤデフマウントブッシュの交換を提案し、即断いただきました。

何を言っても「全てやってくれ!(・Д・)」と男気あふれるお返事をいただきます(汗)

リヤデフマウント交換

リヤデフマウントは圧入による交換です。CT9A・CT9Wランエボではメジャーなメニューかと思いきや、ディーラーでは初めて聞くような作業のようです。

ランエボリヤデフマウントブッシュ交換
ランエボ燃料タンク交換

作りたての燃料タンクが到着!

メーカー欠品していた燃料タンクが製造されました!できたてホヤホヤ新品の燃料タンクにワコーズの塩害防止塗料を塗布して、新品の燃料ポンプや各部配管を組付けます。一部のホース類は生産終了しているので、この周辺の細かい部品は順次入手不可となっていくでしょう。

ボディフロア側にも塩害防止塗料の塗布を忘れずに♪

エキマニの朽ち果てたナット交換

エキマニのナット、大丈夫ですか?ランエボのボンネットは穴あきなので雨水や洗車時に水がかかって大変サビやすくなっております。ここを朽ち果てる前に新品にすればかなり気持ちが良いです!

折れるとイヤなので当店としては敬遠したい作業なのですが、一方でおススメしたい作業でもあります。

4G63エキマニ取付ナット交換
主な交換部品

主な交換部品

当初予定していた交換部品より若干増えましたが、いずれ交換が必要になる箇所で工賃の節約になる部分は今回交換いたしました。

なんと追加注文のご依頼

(作業完了後の後日)これだけでも結構な金額となってしまいましたが、「部品あるうちにウェザーストリップなど一式注文しといて!(・Д・)と追加でご依頼がありました(汗) 全塗装を視野にいれており、その時に交換するそうです!

CT9Wウェザーストリップ一式

ケース② ランエボ9クラッチ交換

この記事を書いている時にCT9Aのクラッチ交換のご依頼があったので、ケース②として簡単にご紹介します。

CT9Aランエボ9のミッションが降りた

ミッション降りました

ミッション・トランスファ・マフラーなどを取り外してようやくクラッチ交換となります。

トランスファに使っているACDオイルのエア抜きも当店にて可能です。

純正クラッチと強化クラッチの比較

クラッチはプル式なので三菱純正・クスコ・エクセディからご提案したところ、クスコの強化メタルクラッチセットをご希望されました。

ちなみに取り外した三菱純正も特許の問題?でエクセディ製、クスコ製にもエクセディの刻印が入ってます。

CT9Aランエボ9のクラッチ比較
スタビライザーリンク&ステアリングラックブーツ交換

スタビブッシュとラックブーツ交換

「ついでに交換した方が良い部品は交換してほしい」とのご依頼もあり、フロントスタビライザーブッシュ(黄〇)とラックエンドブーツ(赤〇)を交換しました。どちらも単体で交換すると工賃が高いですが、同時交換でとてもリーズナブルにリフレッシュです♪

おまけ 私も部品ストックしています

AYCポンプ、燃料ポンプ、リヤアッパーアーム、オイルクーラーホースなど

私も一人のCT9Aオーナーですので随時部品交換をしており、いつか壊れるであろうAYCポンプ・フューエルポンプ・アーム類・オイルクーラーホース・ハブベアリングなど未使用のストック品を保有しています。(写真内だけでも40万円ほど?)
長く維持する為の先行投資ですが、それほど部品の廃盤って致命的で怖いことなのです。

まとめ

部品代だけでも大変高額になっておりますが、部品が廃盤になるとどうしようもありません。

旧車の部品リフレッシュは今が一番安く、今が換えドキ!という事をご理解いただいております。

今回のランエボリフレッシュプランも「こんな内容もあるよ」程度の参考にしていただれば幸いです。過去にATオイルパン内部のソレノイドバルブ6個を交換した時も大変動きがスムーズになったとお聞きしたので、今回紹介分では無いですがAT車にはおススメです!

ランエボ9のお客様   「クラッチも交換したし、年内に全塗装します!」

ランエボワゴンのお客様 「あと100万円ほどかければ全て綺麗になるかな?ガハハハ!」

…クルマへの出費が増えると嬉しいおふたり。おふたりのレベルなら100万円なんてすぐです