ワコーズ DPFクリーナー施工の必要性

ワコーズのディーゼル2でDPFクリーニングしませんか?

ディーゼル2を注入

当店では和光ケミカルの商品を多数取り扱っております。今回は昨今のクリーンディーゼルエンジン乗りの方には必須メンテナンスともいえるDPFクリーナー「ディーゼル2」についてご紹介します。

DPFクリーナーって何?

ワコーズ ディーゼル2

いま人気のクリーンディーゼルエンジン。排気ガスをクリーンにする為に“EGR装置”や“DPF装置”というものを使っております。そこにディーゼルエンジン特有の有害物質である煤(PM)が溜まっていくのですが、DPFからその煤を取り除くのに最適な洗浄剤がワコーズのDPFクリーナー「ディーゼル2」なのです!
キメの細かい泡が本体内部に充満し、煤を強力に洗浄・分解します!

ディーゼルはNOxやPM改善の為にEGRとDPFの他、SCR装置を使う車種もあり…

クルマ業界はとにかく3文字のローマ字が好きなのです!

DPFをキレイにするとは

マフラーに付いているDPF装置。ディーゼルエンジンの燃焼時に発生する有害物質をキャッチして燃焼温度が高い時に燃やしてしまおうという装置なのですが、クリーンディーゼルエンジンはDPFが煤(PM)でよく詰まります。

  1. 燃焼温度が高くならない運転を繰り返すとDPFの設計再生温度に到達しないので煤が溜まる
  2. DPFが詰まり気味になる
  3. 詰まる事でマフラーの排気がスムーズに流れず、排気の抵抗となる
  4. 出力の低下、エンジンチェックランプの点灯
  5. 排気がスムーズに流れない→EGR装置によって吸気側にも多くの煤が流れ、EGRクーラーやインマニも詰まる
  6. インマニまで詰まると吸入空気量が変化して効率の良い燃焼ができずにさらにDPFに煤が溜まりやすくなり、上記悪循環のエンドレスモード

に繋がります。最悪の場合はDPF交換で20万円コース&EGR装置分解・洗浄・インジェクター交換25万円コースとなるので、そうなってしまう前に定期的にDPF内部の汚れをとって排気ガスをスムーズに排出できるようにしておくのがこのDPFクリーナーの役目です。

出力低下を回復させてパワーアップ!

DPFの詰まりが取れて排気ガスのスムーズな排出が可能になる事でパワーアップや燃費の向上に繋がります!
新車時のキレイな状態に近づけるだけなのですが、知らず知らずのうちに排気抵抗でこんなにもパワーダウンしていたのか!と体感できます。

DPF強制再生

ディーゼルエンジンを使用している車には「DPF手動強制再生」というボタンが付いているものもあります。ご自身のタイミングで手動強制再生を定期的に行う事もDPFを綺麗に保つ為に必要ですが、そのDPF強制再生だけで取り切れない汚れを取る為に“専用の洗剤”を使って効果的に除去します!
例えば、手洗いや洗濯をする時には水洗いだけでなく、洗剤も使った方がもちろん綺麗になりますよね。

どんな方におすすめ?

クリーンディーゼル中古車を買われた方は納車前整備で一度DPFクリーナーをしておくと安心です。「最近DPF手動再生ランプの点灯タイミングが早くなったな~」と感じる方や、DPFにしっかり熱が入らない短距離走行が多い方には2年毎くらいの頻度でやってほしいです。エンジンチェックランプが点灯するほどになるとかなり詰まっているので、点灯する前に予防的に施工しましょう!

DPFの汚れ具合はそれぞれお客様の使用環境により大きく異なります。一般的なユーザーは30000km毎を目安に施工すると良い状態が保てるかと思いますが、アイドリング状態で長く作業されるPTO付トラックなどは距離にかかわらず2年毎の施工をおすすめします。
たまに高速道路を走る方はDPFにしっかり熱が入って再生もある程度行われているので、50000km毎の施工でも充分綺麗な状態を維持できたりします。

DPFクリーナー「ディーゼル2」施工の方法

センサー取り外し

注入前の下準備

洗浄液は泡となってDPF本体内部に充満します。洗浄液が一番行き渡る箇所のセンサーやホースを取り外します。DPFに直接噴射するか、その上部の酸化触媒にも当たるように噴射するかは個別で判断します。DPFが縦に付いていれば下まで行き渡りやすいです。

簡単にアクセスできる車種と、多くの構成部品の取り外しが必要な車種もあります。

いざDPFクリーニング

DPFクリーナーの全量を注入します。全量注入後、各部の復元をしつつ30分かけて洗浄液をDPF内部で反応させます。その後30分ほどアイドリングで暖気します。

ディーゼル2を注入
DPF強制再生

DPF強制再生モード

診断機を使用して「DPF強制再生モード」に入れてさらに約40~60分かけて綺麗にします。「DPF手動強制再生ボタン」が無い車種も診断機を使用すれば強制再生が可能です。

輸入車等で診断機を使用したDPF強制再生ができない車種の場合は、走行して自動再生させます。お客様と予定を合わせ、引取時間を逆算してそのままお帰りいただく事も可能です。

DPF内のPM含有量の確認

作業前後に診断機を用いてススの量を確認してみました!クリーニング前が47.5gに対してクリーニング後は2.0gと、約96%が除去されました!「それなりに綺麗になってるはず」とアバウトな感覚ではなくしっかり数値でも表れており、大きな効果があった事が分かりました。

トヨタ車などは[PM堆積量割合80%」と、パーセント表示で確認できます。

DPFクリーニングのビフォーアフター

作業時間・施工料金

施工時間

DPF周辺のセンサー取り外し・注入・洗浄で60分ほど

強制再生が必要な場合、追加で40分ほどかかるので、合計1.5時間~2時間の作業です。

またDPFクリーナーを注入する際にDPFが50℃以下に冷えている必要がありますので、お預かりして冷やしてからの作業となります。車検時などにご用命いただくとスムーズです。

注:冷間時から10分アイドリングするだけで150℃ほどになってしまいます

施工料金(税込参考価格)

ワコーズ ディーゼル2 1本 9504円(税別8640円)

技術料 6600円 (DPFのセンサーに簡単にアクセスできて、診断機を使用してDPF強制再生をした場合)

施工料金は車種により異なります。また、センサーが固着している等で施工できない場合がございます。

従来だとDPFを取り外して作業していたので、実はこの金額は大変リーズナブルです!

まとめ

DPFクリーナーの重要性が伝わりましたでしょうか?ケミカルで信頼のおけるワコーズ製品ですので、繰り返し使用しても触媒機能を著しく低下させることのない設計です。

基本料金16,000円ほどかかってしまいますが、クリーンディーゼルは定期的にDPFの清掃を行うことで出力低下の防止やさらなる出費抑制につながり、これこそが「The予防整備」の代名詞です! クリーンディーゼルは煤との闘いで、煤さえ攻略すれば多くのトラブルは防げます。ディーゼル2で落とせないほどに頑固な汚れになる前に定期的にやっておきたいですね!

トラック、ハイエース、マツダ車、クーパーDなどクリーンディーゼル車にお乗りの方はメンテナンスとして是非お試しください!